個人事業主が法人化を検討すべきタイミング

個人事業主として仕事をしている人が、その事業が拡大する将来性があると考えている場合は法人化を検討してみる必要があるでしょう。
独立した人は、事業拡大の方向性について大きく二種類に分けることができるかもしれません。一つは事業を大きくするつもりがほとんどなく、自分と家族が食べていければいいと考えているタイプ、もう一つが将来性があり拡大余地があれば、どこまで大きくできるか挑戦しようと考えているタイプです。

法人化の検討をしてみる必要があるのは、後者のタイプと言えます。
事業を大きくするつもりがない人は、法人化することによるメリットはあまり大きくないでしょう。会社設立に関するコストやランニングコスト、そして税率等を考えるとデメリットの方が大きくなる可能性があるでしょう。

しかし、その将来性を見据えて事業を大きくするつもりがある場合は、節税のメリットが生じる前の規模であっても会社組織にするメリットがある可能性があります。
法人成りすることによって、金融機関の融資、取引先からの信用、顧客が感じる信頼度、そして優秀な人材を採用できる可能性がアップすると言われていますので、これから規模が拡大するという段階であっても会社組織に変える価値があるかもしれないでしょう。

所得税と法人税の違い等による節税の観点であれば税理士に相談するのがいいかもしれませんが、個人事業主から会社に変更する手続きは行政書士等でも対応してくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です